Mr.Children(ミスチル)の画像・PV動画無料視聴館

Mr.Children(ミスチル)のPV・youtube動画を紹介しています。フェイクや箒星、しるし等の新曲からCROSS ROAD、innocent worldなどの名曲までどんどん紹介していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※Mr.Children(ミスチル)の画像や動画を紹介しています



Mr.Children(ミスチル)

---Profile---
Mr.Children(ミスチル)
1988年バンド結成、1989年1月1日にMr.Childrenと改名し、1992年5月10日にミニアルバム『Everything』でメジャーデビュー。3rdアルバム『Versus』でシングル・アルバムを通じて初のトップテンを記録し、4thシングル『CROSS ROAD』は週間最高順位6位ながら、自身初のミリオンを記録。4thアルバム『Atomic Heart』でアルバムにおいても初のミリオンを記録した。その後も数多くのヒット曲を生み、「ミスチル現象」とまで評された。97年3月に6thアルバム『BOLERO』を発売後、突如「無期限の活動休止宣言」を発表する。その後98年10月に発売された15thシングル『終わりなき旅』で本格的に活動を再開させ、現在まで長きに渡り、好セールスを続けている。『innocent world』~『フェイク』まで、日本記録保持継続中のB'zに次ぐシングルの連続初登場1位記録として現在もなお継続中。その他にも、10thシングル『名もなき詩』の初動売上は120.8万枚(オリコン集計)という驚異的な数字を記録し、シングル初動売上日本記録を塗り替え、現在も更新されていない。 ボーカルの桜井和寿がほぼすべての曲を作詞・作曲。小林武史とMr.Childrenが編曲を担当。桜井のキャッチーな作曲センスとメンバーが「イントロ大王」と称えるプロデューサー小林の編曲による、ポップかつ繊細なメロディと歌詞が特徴で日本でもそのポップセンスは唯一無比と称されている。当初はオーソドックスな歌詞のラブソングが多かったが5thシングル『innocent world』からはメッセージ性の強い歌詞が見られるようになった。 数多くのミリオンヒットをもつ。シングルは10作品(B'zの15作品に次いで2位)、アルバムは11作品(B'zの19作品に次いで2位)である。(2007年現在)。ちなみに、作品によってはグループ名を「mr.children」、「MR.CHILDREN」などにしている。なお、「歌で勝敗を決めたくない。」とのメンバーの意向により、紅白歌合戦には一切出演していない。

☆Any☆
Any(エニー)は、Mr.Childrenの23枚目のシングル。2002年7月10日発売。発売元はトイズファクトリー。 解説 タイトルの『Any』は「どんなとき(こと)でも」という意味を含む。どんなことがあっても乗り越えていこうという本人の思いが込められている。 本作をリリースした直後に、桜井の小脳梗塞により活動を休止し、全国ツアーも中止(後に横浜アリーナで一夜限りの開催)となった。本作までは積極的に創作活動・シングルリリースが続いていたが、本作以降リリースペースが極端に遅くなり、桜井休養前に既に完成していた次作『HERO』が発売された後からは、しばらくシングルリリースの数が減少している。 収録曲 Any (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) 彼らが得意とするポップバラード。NTTDoCoMoのサービス開始10周年を記念したCMソングとして使用された。この年は彼らもメジャーデビュー10周年の年であり、その繋がりからタイアップが決まっている。PV(丹下紘希監督)は赤ん坊を抱えた家族、幼稚園児、中学生、青年たちが次々と現れて、人の成長を感じさせるものとなっており、爽やかに歌う桜井の姿が印象的である。歌詞の中にある「12色の心」とはピアノの鍵盤で1オクターブ分は白鍵と黒鍵合わせて12個だからという話もある。 I'm sorry (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children)
(引用)Wikipedia
Mr.Children(ミスチル)・動画

※Mr.Children(ミスチル)の動画が視聴できない場合、リンクが切れていますのでコメントにて報告お願いします
スポンサードリンク

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する