Mr.Children(ミスチル)の画像・PV動画無料視聴館

Mr.Children(ミスチル)のPV・youtube動画を紹介しています。フェイクや箒星、しるし等の新曲からCROSS ROAD、innocent worldなどの名曲までどんどん紹介していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※Mr.Children(ミスチル)の画像や動画を紹介しています



Mr.Children(ミスチル)

---Profile---
Mr.Children(ミスチル)
1988年バンド結成、1989年1月1日にMr.Childrenと改名し、1992年5月10日にミニアルバム『Everything』でメジャーデビュー。3rdアルバム『Versus』でシングル・アルバムを通じて初のトップテンを記録し、4thシングル『CROSS ROAD』は週間最高順位6位ながら、自身初のミリオンを記録。4thアルバム『Atomic Heart』でアルバムにおいても初のミリオンを記録した。その後も数多くのヒット曲を生み、「ミスチル現象」とまで評された。97年3月に6thアルバム『BOLERO』を発売後、突如「無期限の活動休止宣言」を発表する。その後98年10月に発売された15thシングル『終わりなき旅』で本格的に活動を再開させ、現在まで長きに渡り、好セールスを続けている。『innocent world』~『フェイク』まで、日本記録保持継続中のB'zに次ぐシングルの連続初登場1位記録として現在もなお継続中。その他にも、10thシングル『名もなき詩』の初動売上は120.8万枚(オリコン集計)という驚異的な数字を記録し、シングル初動売上日本記録を塗り替え、現在も更新されていない。 ボーカルの桜井和寿がほぼすべての曲を作詞・作曲。小林武史とMr.Childrenが編曲を担当。桜井のキャッチーな作曲センスとメンバーが「イントロ大王」と称えるプロデューサー小林の編曲による、ポップかつ繊細なメロディと歌詞が特徴で日本でもそのポップセンスは唯一無比と称されている。当初はオーソドックスな歌詞のラブソングが多かったが5thシングル『innocent world』からはメッセージ性の強い歌詞が見られるようになった。 数多くのミリオンヒットをもつ。シングルは10作品(B'zの15作品に次いで2位)、アルバムは11作品(B'zの19作品に次いで2位)である。(2007年現在)。ちなみに、作品によってはグループ名を「mr.children」、「MR.CHILDREN」などにしている。なお、「歌で勝敗を決めたくない。」とのメンバーの意向により、紅白歌合戦には一切出演していない。

☆くるみ☆
掌/くるみ(てのひら/-)は、Mr.Childrenの25枚目のシングル。2003年11月19日発売。発売元はトイズファクトリー。 解説 前作『HERO』で復活を遂げた彼らだったが、ドラムスの鈴木英哉の「諸事情」により本格的な活動の再開が遅れ(ミュージックステーション出演時に桜井が発言)、さらに1年をおいての本作リリースとなった。 Mr.Children唯一の両A面シングルであるが、両A面の常で曲調は対称的な配置となっている。 なお、このシングル発売の3ヶ月前から既にラジオでは「タガタメ」がOAされており、当初は「タガタメ」のシングル収録が期待されていたが、本作には未収録となった。 本作以降、CDシングルのリリースペースが2005年まで年1枚となる。これにより、インターネット上では「これからは毎年1枚しか出さないのではないか」「レコード会社から『年に1枚出してくれればよい』と言われている」等の噂や憶測が広がっていたが、2006年には『箒星』、『しるし』と2枚のシングルが発売されている。彼らはデビューからこれまでほぼ毎年複数枚のシングルをリリースしてきたため(1997年は活動休止の影響もあり1枚のみのリリース)、突然のペースダウンはやはり異様なことだったといえる。 両曲のPVはCD EXTRAとしてこのシングルに収録されている。 収録曲 掌 (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) 現実を見つめたロック。「Tour 2004 シフクノオト」において、CDにはない歌詞とメロディが付けられた新しい「掌」が披露され話題を呼んだ。また、この音源はこのツアーのDVD「Mr.Children Tour 2004 シフクノオト」に収録されている。PV(島田大介監督)はコントラストが強く、黒が強く浮き立っている映像。精神の膿を体から排出すると内なる精神は潤い出すという事を表現している。歌に込められたメッセージと映像が融合している。 くるみ (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) 未来を描いたバラード。前作から引き続き、NTTDoCoMo CMソングとなった。タイトルは「これから来る未来」を「くるみ」という人物に擬人化したものである。PV(丹下紘希監督)は、架空のバンドである「Mr.Adults」が登場するストーリー性のあるものであった。このPVは話題を呼び、「SPACE SHOWER Music Video Awards04」で、「BEST VIDEO OF THE YEAR」と「BEST GROUP VIDEO」の2つを受賞した。彼らもこのくるみのPVが一番好きと公言している。ノンタイアップであったが、好評だったため、後にNTTDoCoMo及びNTTDoCoMo東北(東北限定)のCMソングに起用された経緯がある。さらに2007年に公開された映画「幸福な食卓」の主題歌にもなり、こちらは「くるみ - for the Film - 幸福な食卓」として、2006年のシングル『しるし』c/wにリテイクバージョンで収録された。
(引用)Wikipedia
Mr.Children(ミスチル)・動画

※Mr.Children(ミスチル)の動画が視聴できない場合、リンクが切れていますのでコメントにて報告お願いします
スポンサードリンク

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する