Mr.Children(ミスチル)の画像・PV動画無料視聴館

Mr.Children(ミスチル)のPV・youtube動画を紹介しています。フェイクや箒星、しるし等の新曲からCROSS ROAD、innocent worldなどの名曲までどんどん紹介していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※Mr.Children(ミスチル)の画像や動画を紹介しています



Mr.Children(ミスチル)

---Profile---
Mr.Children(ミスチル)
1988年バンド結成、1989年1月1日にMr.Childrenと改名し、1992年5月10日にミニアルバム『Everything』でメジャーデビュー。3rdアルバム『Versus』でシングル・アルバムを通じて初のトップテンを記録し、4thシングル『CROSS ROAD』は週間最高順位6位ながら、自身初のミリオンを記録。4thアルバム『Atomic Heart』でアルバムにおいても初のミリオンを記録した。その後も数多くのヒット曲を生み、「ミスチル現象」とまで評された。97年3月に6thアルバム『BOLERO』を発売後、突如「無期限の活動休止宣言」を発表する。その後98年10月に発売された15thシングル『終わりなき旅』で本格的に活動を再開させ、現在まで長きに渡り、好セールスを続けている。『innocent world』~『フェイク』まで、日本記録保持継続中のB'zに次ぐシングルの連続初登場1位記録として現在もなお継続中。その他にも、10thシングル『名もなき詩』の初動売上は120.8万枚(オリコン集計)という驚異的な数字を記録し、シングル初動売上日本記録を塗り替え、現在も更新されていない。 ボーカルの桜井和寿がほぼすべての曲を作詞・作曲。小林武史とMr.Childrenが編曲を担当。桜井のキャッチーな作曲センスとメンバーが「イントロ大王」と称えるプロデューサー小林の編曲による、ポップかつ繊細なメロディと歌詞が特徴で日本でもそのポップセンスは唯一無比と称されている。当初はオーソドックスな歌詞のラブソングが多かったが5thシングル『innocent world』からはメッセージ性の強い歌詞が見られるようになった。 数多くのミリオンヒットをもつ。シングルは10作品(B'zの15作品に次いで2位)、アルバムは11作品(B'zの19作品に次いで2位)である。(2007年現在)。ちなみに、作品によってはグループ名を「mr.children」、「MR.CHILDREN」などにしている。なお、「歌で勝敗を決めたくない。」とのメンバーの意向により、紅白歌合戦には一切出演していない。

☆Sign☆
Sign(サイン)は、Mr.Childrenが2004年5月26日にリリースした26枚目のシングルである。 概要 前作『掌/くるみ』からシングルとしては約半年ぶりの発売となった。 初動セールスは37万枚。発売週のみの記録では2004年トップ。 年間チャート2位を記録。年間1位シングル曲「瞳をとじて」の平井堅が辞退、TBSのドラマタイアップの縁もあり、同年の第46回日本レコード大賞を受賞した。「innocent world」以来10年ぶり2度目の大賞受賞である。桜井は前回授賞式出演を断ったことを詫びつつも、日本レコード大賞の出来レースぶりに不審の念を抱くという複雑な状態にあった。そこでTBSの謝罪を受け入れる・レコード大賞に関わるのは今回が最後、という条件付で出演を了承した。 収録曲 Sign TBS系ドラマ「オレンジデイズ」主題歌。台本を読んでから楽曲製作に取り掛かったため、歌詞の内容もドラマに沿ったものになっているが、直接の表現はなく、あくまでもこの時期の桜井の心情が顕著に現れている曲でもある。彼らとしては久々のバラード。PV(大喜多正毅監督)は、メンバーのスタジオ演奏の映像であり最近の彼らのPVにしてはとてもシンプルである。もともとは本作のCM用映像の撮影だったが、出来がよかったのでPV用の映像に編集された。このPVの一番最後では「Sign」の文字がほんの一瞬だけ映る。2004年の「Tour 2004 シフクノオト」と2005年の「TOUR 2005 "I ? U"」ではアンコールのラストで歌われていて(ラストにふさわしい歌詞の為)、DVDでもラストに収録されており、ある意味この2作をつなぐ曲でとなっている。 妄想満月 寺岡呼人との共作。 こんな風にひどく蒸し暑い日 デジタル音を駆使したポップな曲。歌詞は若干エロティック。
(引用)Wikipedia
Mr.Children(ミスチル)・動画

※Mr.Children(ミスチル)の動画が視聴できない場合、リンクが切れていますのでコメントにて報告お願いします
スポンサードリンク

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する