Mr.Children(ミスチル)の画像・PV動画無料視聴館

Mr.Children(ミスチル)のPV・youtube動画を紹介しています。フェイクや箒星、しるし等の新曲からCROSS ROAD、innocent worldなどの名曲までどんどん紹介していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※Mr.Children(ミスチル)の画像や動画を紹介しています



Mr.Children(ミスチル)

---Profile---
Mr.Children(ミスチル)
1988年バンド結成、1989年1月1日にMr.Childrenと改名し、1992年5月10日にミニアルバム『Everything』でメジャーデビュー。3rdアルバム『Versus』でシングル・アルバムを通じて初のトップテンを記録し、4thシングル『CROSS ROAD』は週間最高順位6位ながら、自身初のミリオンを記録。4thアルバム『Atomic Heart』でアルバムにおいても初のミリオンを記録した。その後も数多くのヒット曲を生み、「ミスチル現象」とまで評された。97年3月に6thアルバム『BOLERO』を発売後、突如「無期限の活動休止宣言」を発表する。その後98年10月に発売された15thシングル『終わりなき旅』で本格的に活動を再開させ、現在まで長きに渡り、好セールスを続けている。『innocent world』~『フェイク』まで、日本記録保持継続中のB'zに次ぐシングルの連続初登場1位記録として現在もなお継続中。その他にも、10thシングル『名もなき詩』の初動売上は120.8万枚(オリコン集計)という驚異的な数字を記録し、シングル初動売上日本記録を塗り替え、現在も更新されていない。 ボーカルの桜井和寿がほぼすべての曲を作詞・作曲。小林武史とMr.Childrenが編曲を担当。桜井のキャッチーな作曲センスとメンバーが「イントロ大王」と称えるプロデューサー小林の編曲による、ポップかつ繊細なメロディと歌詞が特徴で日本でもそのポップセンスは唯一無比と称されている。当初はオーソドックスな歌詞のラブソングが多かったが5thシングル『innocent world』からはメッセージ性の強い歌詞が見られるようになった。 数多くのミリオンヒットをもつ。シングルは10作品(B'zの15作品に次いで2位)、アルバムは11作品(B'zの19作品に次いで2位)である。(2007年現在)。ちなみに、作品によってはグループ名を「mr.children」、「MR.CHILDREN」などにしている。なお、「歌で勝敗を決めたくない。」とのメンバーの意向により、紅白歌合戦には一切出演していない。

☆シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~☆
シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~(シーソーゲームゆうかんなこいのうた)は、Mr.Childrenの9枚目のシングル。1995年8月10日発売。発売元はトイズファクトリー。 概要 前作までの歌い方とはガラッと変わったアップテンポのポップス。このシングルで発生する「CD売上金」「アーティスト印税」は、全て阪神淡路大震災の義捐金に充てられた。同年1月に発売したサザンオールスターズの桑田佳祐と桑田佳祐&Mr.Children名義で発売した『奇跡の地球』も同じように、AIDS患者のために売り上げから発生したセールスを全額寄付している。ちなみにこちらではAAAチャリティー活動の1つとして行われている。ジャケットには一風変わった簡素な猿のイラストと、殴り書きのような字でタイトルが書かれていた。 プロモーションでは桜井がサーファーになり、他メンバーは猿になるという、ユニークな格好が話題になった。フジテレビ系「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングに、この頃バンドとして初出演し、同じ格好で登場した。ちなみにPVにはメンバーがジェットコースターに乗って絶叫している場面がある。 1990年代以降でのノンタイアップシングル売上では第1位(オリコン集計)となっている。 Mr.Childrenとしては2週目の売り上げが最も高く、一番安定した売上だったシングルでもある。そのため、Mr.Childrenでは最高(合算週を含んでいない)の週間シングルチャート3週連続1位となった。 収録曲 シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~ (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) PVをはじめ、曲作り自体もエルヴィス・コステロを意識した部分がある。「ライブで盛り上がる曲」というコンセプトの基で発表され、彼らの代表曲であり、ノリのいい楽曲であるにもかかわらず、実際にライブではめったに演奏されることはない。同年に行われた「hounen mansaku 夏祭り tour [ku:](空)」以降はほとんどライブで演奏されることが無くなってしまった。演奏されなくなった理由として、「キーが高くて桜井が歌えない」「演奏にサックス奏者が必要である」「エルヴィス・コステロへの配慮」など様々な説があるが、真相は不明である。近年ではap bank fes'06でスキマスイッチとのコラボレーションとして演奏された。裏声が増えている理由としては、当時桑田とのコラボレーションがあった影響が考えられる。この曲は小林が手がける前に、桜井の手で曲構成をかなり仕上げていたらしい。直後のアルバム『深海』での彼らの当時の曲としては異色なほど明るいラブソングで、同アルバムには収録されず、後に『BOLERO』に収録された。ただし、歌詞は恋愛を皮肉った面もあり、初期の甘いラブソングとは異をなしている。 フラジャイル (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) 1995年5月3日に渋谷で行われたゲリラライブからの音源。UK音楽を思わせる攻撃的な歌詞と曲調を持ち、桜井の歌い方も非常に気持ちが入っている。Mr.Childrenの楽曲としては現在のところ唯一、スタジオ録音の存在しない楽曲。歌詞に「ドラえもん」が登場する。映画「【es】~Mr.Children in FILM~」のオープニングにも収録されているが、映画版の方は短く編集されている(ただし、イントロで失敗する場面は映画でしか確認できない)。最初の仮タイトルは”ハルマゲドンはご機嫌斜め”。 シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~(INSTRUMENTAL VERSION) (作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children)
(引用)Wikipedia
Mr.Children(ミスチル)・動画

※Mr.Children(ミスチル)の動画が視聴できない場合、リンクが切れていますのでコメントにて報告お願いします
スポンサードリンク

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する