Mr.Children(ミスチル)の画像・PV動画無料視聴館

Mr.Children(ミスチル)のPV・youtube動画を紹介しています。フェイクや箒星、しるし等の新曲からCROSS ROAD、innocent worldなどの名曲までどんどん紹介していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※Mr.Children(ミスチル)の画像や動画を紹介しています



Mr.Children(ミスチル)

---Profile---
Mr.Children(ミスチル)
1988年バンド結成、1989年1月1日にMr.Childrenと改名し、1992年5月10日にミニアルバム『Everything』でメジャーデビュー。3rdアルバム『Versus』でシングル・アルバムを通じて初のトップテンを記録し、4thシングル『CROSS ROAD』は週間最高順位6位ながら、自身初のミリオンを記録。4thアルバム『Atomic Heart』でアルバムにおいても初のミリオンを記録した。その後も数多くのヒット曲を生み、「ミスチル現象」とまで評された。97年3月に6thアルバム『BOLERO』を発売後、突如「無期限の活動休止宣言」を発表する。その後98年10月に発売された15thシングル『終わりなき旅』で本格的に活動を再開させ、現在まで長きに渡り、好セールスを続けている。『innocent world』~『フェイク』まで、日本記録保持継続中のB'zに次ぐシングルの連続初登場1位記録として現在もなお継続中。その他にも、10thシングル『名もなき詩』の初動売上は120.8万枚(オリコン集計)という驚異的な数字を記録し、シングル初動売上日本記録を塗り替え、現在も更新されていない。 ボーカルの桜井和寿がほぼすべての曲を作詞・作曲。小林武史とMr.Childrenが編曲を担当。桜井のキャッチーな作曲センスとメンバーが「イントロ大王」と称えるプロデューサー小林の編曲による、ポップかつ繊細なメロディと歌詞が特徴で日本でもそのポップセンスは唯一無比と称されている。当初はオーソドックスな歌詞のラブソングが多かったが5thシングル『innocent world』からはメッセージ性の強い歌詞が見られるようになった。 数多くのミリオンヒットをもつ。シングルは10作品(B'zの15作品に次いで2位)、アルバムは11作品(B'zの19作品に次いで2位)である。(2007年現在)。ちなみに、作品によってはグループ名を「mr.children」、「MR.CHILDREN」などにしている。なお、「歌で勝敗を決めたくない。」とのメンバーの意向により、紅白歌合戦には一切出演していない。


(引用)Wikipedia
☆彩り☆

(引用)Wikipedia
Mr.Children(ミスチル)・動画

※Mr.Children(ミスチル)の動画が視聴できない場合、リンクが切れていますのでコメントにて報告お願いします
スポンサードリンク

スポンサーサイト

※Mr.Children(ミスチル)の画像や動画を紹介しています



Mr.Children(ミスチル)

---Profile---
Mr.Children(ミスチル)
1988年バンド結成、1989年1月1日にMr.Childrenと改名し、1992年5月10日にミニアルバム『Everything』でメジャーデビュー。3rdアルバム『Versus』でシングル・アルバムを通じて初のトップテンを記録し、4thシングル『CROSS ROAD』は週間最高順位6位ながら、自身初のミリオンを記録。4thアルバム『Atomic Heart』でアルバムにおいても初のミリオンを記録した。その後も数多くのヒット曲を生み、「ミスチル現象」とまで評された。97年3月に6thアルバム『BOLERO』を発売後、突如「無期限の活動休止宣言」を発表する。その後98年10月に発売された15thシングル『終わりなき旅』で本格的に活動を再開させ、現在まで長きに渡り、好セールスを続けている。『innocent world』~『フェイク』まで、日本記録保持継続中のB'zに次ぐシングルの連続初登場1位記録として現在もなお継続中。その他にも、10thシングル『名もなき詩』の初動売上は120.8万枚(オリコン集計)という驚異的な数字を記録し、シングル初動売上日本記録を塗り替え、現在も更新されていない。 ボーカルの桜井和寿がほぼすべての曲を作詞・作曲。小林武史とMr.Childrenが編曲を担当。桜井のキャッチーな作曲センスとメンバーが「イントロ大王」と称えるプロデューサー小林の編曲による、ポップかつ繊細なメロディと歌詞が特徴で日本でもそのポップセンスは唯一無比と称されている。当初はオーソドックスな歌詞のラブソングが多かったが5thシングル『innocent world』からはメッセージ性の強い歌詞が見られるようになった。 数多くのミリオンヒットをもつ。シングルは10作品(B'zの15作品に次いで2位)、アルバムは11作品(B'zの19作品に次いで2位)である。(2007年現在)。ちなみに、作品によってはグループ名を「mr.children」、「MR.CHILDREN」などにしている。なお、「歌で勝敗を決めたくない。」とのメンバーの意向により、紅白歌合戦には一切出演していない。

☆Any☆
Any(エニー)は、Mr.Childrenの23枚目のシングル。2002年7月10日発売。発売元はトイズファクトリー。 解説 タイトルの『Any』は「どんなとき(こと)でも」という意味を含む。どんなことがあっても乗り越えていこうという本人の思いが込められている。 本作をリリースした直後に、桜井の小脳梗塞により活動を休止し、全国ツアーも中止(後に横浜アリーナで一夜限りの開催)となった。本作までは積極的に創作活動・シングルリリースが続いていたが、本作以降リリースペースが極端に遅くなり、桜井休養前に既に完成していた次作『HERO』が発売された後からは、しばらくシングルリリースの数が減少している。 収録曲 Any (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) 彼らが得意とするポップバラード。NTTDoCoMoのサービス開始10周年を記念したCMソングとして使用された。この年は彼らもメジャーデビュー10周年の年であり、その繋がりからタイアップが決まっている。PV(丹下紘希監督)は赤ん坊を抱えた家族、幼稚園児、中学生、青年たちが次々と現れて、人の成長を感じさせるものとなっており、爽やかに歌う桜井の姿が印象的である。歌詞の中にある「12色の心」とはピアノの鍵盤で1オクターブ分は白鍵と黒鍵合わせて12個だからという話もある。 I'm sorry (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children)
(引用)Wikipedia
Mr.Children(ミスチル)・動画

※Mr.Children(ミスチル)の動画が視聴できない場合、リンクが切れていますのでコメントにて報告お願いします
スポンサードリンク

※Mr.Children(ミスチル)の画像や動画を紹介しています



Mr.Children(ミスチル)

---Profile---
Mr.Children(ミスチル)
1988年バンド結成、1989年1月1日にMr.Childrenと改名し、1992年5月10日にミニアルバム『Everything』でメジャーデビュー。3rdアルバム『Versus』でシングル・アルバムを通じて初のトップテンを記録し、4thシングル『CROSS ROAD』は週間最高順位6位ながら、自身初のミリオンを記録。4thアルバム『Atomic Heart』でアルバムにおいても初のミリオンを記録した。その後も数多くのヒット曲を生み、「ミスチル現象」とまで評された。97年3月に6thアルバム『BOLERO』を発売後、突如「無期限の活動休止宣言」を発表する。その後98年10月に発売された15thシングル『終わりなき旅』で本格的に活動を再開させ、現在まで長きに渡り、好セールスを続けている。『innocent world』~『フェイク』まで、日本記録保持継続中のB'zに次ぐシングルの連続初登場1位記録として現在もなお継続中。その他にも、10thシングル『名もなき詩』の初動売上は120.8万枚(オリコン集計)という驚異的な数字を記録し、シングル初動売上日本記録を塗り替え、現在も更新されていない。 ボーカルの桜井和寿がほぼすべての曲を作詞・作曲。小林武史とMr.Childrenが編曲を担当。桜井のキャッチーな作曲センスとメンバーが「イントロ大王」と称えるプロデューサー小林の編曲による、ポップかつ繊細なメロディと歌詞が特徴で日本でもそのポップセンスは唯一無比と称されている。当初はオーソドックスな歌詞のラブソングが多かったが5thシングル『innocent world』からはメッセージ性の強い歌詞が見られるようになった。 数多くのミリオンヒットをもつ。シングルは10作品(B'zの15作品に次いで2位)、アルバムは11作品(B'zの19作品に次いで2位)である。(2007年現在)。ちなみに、作品によってはグループ名を「mr.children」、「MR.CHILDREN」などにしている。なお、「歌で勝敗を決めたくない。」とのメンバーの意向により、紅白歌合戦には一切出演していない。

☆未来☆
四次元 Four Dimensions(よんじげんフォーディメンションズ)は、Mr.Childrenが2005年6月29日にリリースした27枚目のシングルである。収録曲数から、ミニアルバムに分類されることもある。 概要 前作『Sign』から1年1ヶ月ぶりのシングルリリースとなった。 収録されている4曲全てがA面かつタイアップ付きという豪華な内容になっている。 日本レコード協会ではアルバムに分類している。 初動セールス56.9万枚を記録し、2005年の年間1位を記録。初動セールス50万枚以上売り上げたのは、SMAPの『世界に一つだけの花』以来だったが、累計では92.6万枚と、初動比率的にロングヒットは出来なかった。 ジャケットを手掛けるのは、アンダー・ワールドのアート・ワークなどで知られるデザイナー集団「TOMATO」である。 2005年度(04.12.06~05.11.28)オリコンシングル売上ランキングで3位をマーク。 タイトルは楽曲の名前ではなく、A面4曲を合わせたCDとしてのタイトルである。このほかの例にminkの『4 Love』、GLAYの『G4』、倖田來未の『4 hot wave』などがある。 ちなみに「未来」「and I love you」にはそれぞれ簡潔なミュージックビデオが付随しているが「ランニングハイ」と「ヨーイドン」にはPVが存在しない。 収録曲 未来 大塚製薬「ポカリスエット」CMソング。PV(伊藤由美子監督)には、この曲がタイアップの「ポカリスエット」のCMにも出演していた綾瀬はるかと平岡祐太が出演している。爽やかなアップテンポソング。キャッチーなサビと荒廃した世界観をベースにした歌詞が特徴。タイアップのサビの部分だけのイメージで全曲を聴くと、その歌詞とのギャップに戸惑う事もある。かつて「思い描いていた未来」とやるせない「現在」を比較しながら、最後には希望を持つ、という構成になっている。 and I love you 日清食品「カップヌードル “NO BORDER”」CMソング。全体的に静かでシンプルだがテーマの大きいラブソング。恋人同士だけではなく、人類愛的なニュアンスも含んでいて、終盤で一気に盛り上がる。このCDにはこの楽曲のPV(丹下紘希監督制作)が収録されている。 ランニングハイ 東映系映画「フライ,ダディ,フライ」主題歌。名の通り疾走感溢れる攻撃的なロックチューン。自虐的だがどこか自らを鼓舞する歌詞が見られる。 ヨーイドン フジテレビ子供番組「ポンキッキーズ」「ガチャガチャポン!」主題歌。子供番組のテーマだが、歌詞はどちらかというと大人の子供に対する目線で描かれている。歌詞・曲ともに素朴な構成。収録曲の中で唯一、後発のアルバム『I ? U』には未収録となっている。 ヨーイドン(instrumental)
(引用)Wikipedia
Mr.Children(ミスチル)・動画

※Mr.Children(ミスチル)の動画が視聴できない場合、リンクが切れていますのでコメントにて報告お願いします
スポンサードリンク

※Mr.Children(ミスチル)の画像や動画を紹介しています



Mr.Children(ミスチル)

---Profile---
Mr.Children(ミスチル)
1988年バンド結成、1989年1月1日にMr.Childrenと改名し、1992年5月10日にミニアルバム『Everything』でメジャーデビュー。3rdアルバム『Versus』でシングル・アルバムを通じて初のトップテンを記録し、4thシングル『CROSS ROAD』は週間最高順位6位ながら、自身初のミリオンを記録。4thアルバム『Atomic Heart』でアルバムにおいても初のミリオンを記録した。その後も数多くのヒット曲を生み、「ミスチル現象」とまで評された。97年3月に6thアルバム『BOLERO』を発売後、突如「無期限の活動休止宣言」を発表する。その後98年10月に発売された15thシングル『終わりなき旅』で本格的に活動を再開させ、現在まで長きに渡り、好セールスを続けている。『innocent world』~『フェイク』まで、日本記録保持継続中のB'zに次ぐシングルの連続初登場1位記録として現在もなお継続中。その他にも、10thシングル『名もなき詩』の初動売上は120.8万枚(オリコン集計)という驚異的な数字を記録し、シングル初動売上日本記録を塗り替え、現在も更新されていない。 ボーカルの桜井和寿がほぼすべての曲を作詞・作曲。小林武史とMr.Childrenが編曲を担当。桜井のキャッチーな作曲センスとメンバーが「イントロ大王」と称えるプロデューサー小林の編曲による、ポップかつ繊細なメロディと歌詞が特徴で日本でもそのポップセンスは唯一無比と称されている。当初はオーソドックスな歌詞のラブソングが多かったが5thシングル『innocent world』からはメッセージ性の強い歌詞が見られるようになった。 数多くのミリオンヒットをもつ。シングルは10作品(B'zの15作品に次いで2位)、アルバムは11作品(B'zの19作品に次いで2位)である。(2007年現在)。ちなみに、作品によってはグループ名を「mr.children」、「MR.CHILDREN」などにしている。なお、「歌で勝敗を決めたくない。」とのメンバーの意向により、紅白歌合戦には一切出演していない。

☆HERO☆
HERO(ヒーロー)は、Mr.Childrenの24枚目のシングル。2002年12月11日発売。発売元はトイズファクトリー。 解説 桜井が小脳梗塞から復帰した後にリリースされたシングル。楽曲自体は休養前にほぼ完成していたが、バンドとしての本格始動に間に合わなかったため、PV撮影などは行われなかった。 「HERO」のPV(村田朋泰監督)はパペットアニメーションによって製作され、独特の印象を与えたと共に、高い人気を得た。桜井復帰の話題性などから、プロモーション活動をほとんどしていないのにも関わらずロングヒットとなり、オリコンチャートでは30週以上にわたりチャートインした。 週刊ヤングマガジンで、江川達也が今作を題材にした読切作品の「HERO」を発表した。 本作には初回生産盤と通常盤の2パターンが存在するが、内容に相違はない(初回生産盤は飛び出る絵本のようになっている)。本作収録曲は2曲ともアルバム『シフクノオト』に収録された。 その後、2004年10月にBank Band名義で発表したカヴァーアルバム『沿志奏逢』でセルフカヴァーされている。そして、2005年7月に行われた「ap bank fes'05」でこのカヴァーヴァージョンを演奏したが、演奏中に桜井が号泣し歌えなくなり、大きな話題となった。 収録曲 HERO (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) 前作から引き続きNTTDoCoMoCMソングとなった。愛する子への思いを赤裸々に綴ったバラード。 空風の帰り道 (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) 独特の歌い回しと優しげなメロディが印象に残る楽曲。
(引用)Wikipedia
Mr.Children(ミスチル)・動画

※Mr.Children(ミスチル)の動画が視聴できない場合、リンクが切れていますのでコメントにて報告お願いします
スポンサードリンク

※Mr.Children(ミスチル)の画像や動画を紹介しています



Mr.Children(ミスチル)

---Profile---
Mr.Children(ミスチル)
1988年バンド結成、1989年1月1日にMr.Childrenと改名し、1992年5月10日にミニアルバム『Everything』でメジャーデビュー。3rdアルバム『Versus』でシングル・アルバムを通じて初のトップテンを記録し、4thシングル『CROSS ROAD』は週間最高順位6位ながら、自身初のミリオンを記録。4thアルバム『Atomic Heart』でアルバムにおいても初のミリオンを記録した。その後も数多くのヒット曲を生み、「ミスチル現象」とまで評された。97年3月に6thアルバム『BOLERO』を発売後、突如「無期限の活動休止宣言」を発表する。その後98年10月に発売された15thシングル『終わりなき旅』で本格的に活動を再開させ、現在まで長きに渡り、好セールスを続けている。『innocent world』~『フェイク』まで、日本記録保持継続中のB'zに次ぐシングルの連続初登場1位記録として現在もなお継続中。その他にも、10thシングル『名もなき詩』の初動売上は120.8万枚(オリコン集計)という驚異的な数字を記録し、シングル初動売上日本記録を塗り替え、現在も更新されていない。 ボーカルの桜井和寿がほぼすべての曲を作詞・作曲。小林武史とMr.Childrenが編曲を担当。桜井のキャッチーな作曲センスとメンバーが「イントロ大王」と称えるプロデューサー小林の編曲による、ポップかつ繊細なメロディと歌詞が特徴で日本でもそのポップセンスは唯一無比と称されている。当初はオーソドックスな歌詞のラブソングが多かったが5thシングル『innocent world』からはメッセージ性の強い歌詞が見られるようになった。 数多くのミリオンヒットをもつ。シングルは10作品(B'zの15作品に次いで2位)、アルバムは11作品(B'zの19作品に次いで2位)である。(2007年現在)。ちなみに、作品によってはグループ名を「mr.children」、「MR.CHILDREN」などにしている。なお、「歌で勝敗を決めたくない。」とのメンバーの意向により、紅白歌合戦には一切出演していない。

☆くるみ☆
掌/くるみ(てのひら/-)は、Mr.Childrenの25枚目のシングル。2003年11月19日発売。発売元はトイズファクトリー。 解説 前作『HERO』で復活を遂げた彼らだったが、ドラムスの鈴木英哉の「諸事情」により本格的な活動の再開が遅れ(ミュージックステーション出演時に桜井が発言)、さらに1年をおいての本作リリースとなった。 Mr.Children唯一の両A面シングルであるが、両A面の常で曲調は対称的な配置となっている。 なお、このシングル発売の3ヶ月前から既にラジオでは「タガタメ」がOAされており、当初は「タガタメ」のシングル収録が期待されていたが、本作には未収録となった。 本作以降、CDシングルのリリースペースが2005年まで年1枚となる。これにより、インターネット上では「これからは毎年1枚しか出さないのではないか」「レコード会社から『年に1枚出してくれればよい』と言われている」等の噂や憶測が広がっていたが、2006年には『箒星』、『しるし』と2枚のシングルが発売されている。彼らはデビューからこれまでほぼ毎年複数枚のシングルをリリースしてきたため(1997年は活動休止の影響もあり1枚のみのリリース)、突然のペースダウンはやはり異様なことだったといえる。 両曲のPVはCD EXTRAとしてこのシングルに収録されている。 収録曲 掌 (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) 現実を見つめたロック。「Tour 2004 シフクノオト」において、CDにはない歌詞とメロディが付けられた新しい「掌」が披露され話題を呼んだ。また、この音源はこのツアーのDVD「Mr.Children Tour 2004 シフクノオト」に収録されている。PV(島田大介監督)はコントラストが強く、黒が強く浮き立っている映像。精神の膿を体から排出すると内なる精神は潤い出すという事を表現している。歌に込められたメッセージと映像が融合している。 くるみ (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) 未来を描いたバラード。前作から引き続き、NTTDoCoMo CMソングとなった。タイトルは「これから来る未来」を「くるみ」という人物に擬人化したものである。PV(丹下紘希監督)は、架空のバンドである「Mr.Adults」が登場するストーリー性のあるものであった。このPVは話題を呼び、「SPACE SHOWER Music Video Awards04」で、「BEST VIDEO OF THE YEAR」と「BEST GROUP VIDEO」の2つを受賞した。彼らもこのくるみのPVが一番好きと公言している。ノンタイアップであったが、好評だったため、後にNTTDoCoMo及びNTTDoCoMo東北(東北限定)のCMソングに起用された経緯がある。さらに2007年に公開された映画「幸福な食卓」の主題歌にもなり、こちらは「くるみ - for the Film - 幸福な食卓」として、2006年のシングル『しるし』c/wにリテイクバージョンで収録された。
(引用)Wikipedia
Mr.Children(ミスチル)・動画

※Mr.Children(ミスチル)の動画が視聴できない場合、リンクが切れていますのでコメントにて報告お願いします
スポンサードリンク

※Mr.Children(ミスチル)の画像や動画を紹介しています



Mr.Children(ミスチル)

---Profile---
Mr.Children(ミスチル)
1988年バンド結成、1989年1月1日にMr.Childrenと改名し、1992年5月10日にミニアルバム『Everything』でメジャーデビュー。3rdアルバム『Versus』でシングル・アルバムを通じて初のトップテンを記録し、4thシングル『CROSS ROAD』は週間最高順位6位ながら、自身初のミリオンを記録。4thアルバム『Atomic Heart』でアルバムにおいても初のミリオンを記録した。その後も数多くのヒット曲を生み、「ミスチル現象」とまで評された。97年3月に6thアルバム『BOLERO』を発売後、突如「無期限の活動休止宣言」を発表する。その後98年10月に発売された15thシングル『終わりなき旅』で本格的に活動を再開させ、現在まで長きに渡り、好セールスを続けている。『innocent world』~『フェイク』まで、日本記録保持継続中のB'zに次ぐシングルの連続初登場1位記録として現在もなお継続中。その他にも、10thシングル『名もなき詩』の初動売上は120.8万枚(オリコン集計)という驚異的な数字を記録し、シングル初動売上日本記録を塗り替え、現在も更新されていない。 ボーカルの桜井和寿がほぼすべての曲を作詞・作曲。小林武史とMr.Childrenが編曲を担当。桜井のキャッチーな作曲センスとメンバーが「イントロ大王」と称えるプロデューサー小林の編曲による、ポップかつ繊細なメロディと歌詞が特徴で日本でもそのポップセンスは唯一無比と称されている。当初はオーソドックスな歌詞のラブソングが多かったが5thシングル『innocent world』からはメッセージ性の強い歌詞が見られるようになった。 数多くのミリオンヒットをもつ。シングルは10作品(B'zの15作品に次いで2位)、アルバムは11作品(B'zの19作品に次いで2位)である。(2007年現在)。ちなみに、作品によってはグループ名を「mr.children」、「MR.CHILDREN」などにしている。なお、「歌で勝敗を決めたくない。」とのメンバーの意向により、紅白歌合戦には一切出演していない。

☆Sign☆
Sign(サイン)は、Mr.Childrenが2004年5月26日にリリースした26枚目のシングルである。 概要 前作『掌/くるみ』からシングルとしては約半年ぶりの発売となった。 初動セールスは37万枚。発売週のみの記録では2004年トップ。 年間チャート2位を記録。年間1位シングル曲「瞳をとじて」の平井堅が辞退、TBSのドラマタイアップの縁もあり、同年の第46回日本レコード大賞を受賞した。「innocent world」以来10年ぶり2度目の大賞受賞である。桜井は前回授賞式出演を断ったことを詫びつつも、日本レコード大賞の出来レースぶりに不審の念を抱くという複雑な状態にあった。そこでTBSの謝罪を受け入れる・レコード大賞に関わるのは今回が最後、という条件付で出演を了承した。 収録曲 Sign TBS系ドラマ「オレンジデイズ」主題歌。台本を読んでから楽曲製作に取り掛かったため、歌詞の内容もドラマに沿ったものになっているが、直接の表現はなく、あくまでもこの時期の桜井の心情が顕著に現れている曲でもある。彼らとしては久々のバラード。PV(大喜多正毅監督)は、メンバーのスタジオ演奏の映像であり最近の彼らのPVにしてはとてもシンプルである。もともとは本作のCM用映像の撮影だったが、出来がよかったのでPV用の映像に編集された。このPVの一番最後では「Sign」の文字がほんの一瞬だけ映る。2004年の「Tour 2004 シフクノオト」と2005年の「TOUR 2005 "I ? U"」ではアンコールのラストで歌われていて(ラストにふさわしい歌詞の為)、DVDでもラストに収録されており、ある意味この2作をつなぐ曲でとなっている。 妄想満月 寺岡呼人との共作。 こんな風にひどく蒸し暑い日 デジタル音を駆使したポップな曲。歌詞は若干エロティック。
(引用)Wikipedia
Mr.Children(ミスチル)・動画

※Mr.Children(ミスチル)の動画が視聴できない場合、リンクが切れていますのでコメントにて報告お願いします
スポンサードリンク

※Mr.Children(ミスチル)の画像や動画を紹介しています



Mr.Children(ミスチル)

---Profile---
Mr.Children(ミスチル)
1988年バンド結成、1989年1月1日にMr.Childrenと改名し、1992年5月10日にミニアルバム『Everything』でメジャーデビュー。3rdアルバム『Versus』でシングル・アルバムを通じて初のトップテンを記録し、4thシングル『CROSS ROAD』は週間最高順位6位ながら、自身初のミリオンを記録。4thアルバム『Atomic Heart』でアルバムにおいても初のミリオンを記録した。その後も数多くのヒット曲を生み、「ミスチル現象」とまで評された。97年3月に6thアルバム『BOLERO』を発売後、突如「無期限の活動休止宣言」を発表する。その後98年10月に発売された15thシングル『終わりなき旅』で本格的に活動を再開させ、現在まで長きに渡り、好セールスを続けている。『innocent world』~『フェイク』まで、日本記録保持継続中のB'zに次ぐシングルの連続初登場1位記録として現在もなお継続中。その他にも、10thシングル『名もなき詩』の初動売上は120.8万枚(オリコン集計)という驚異的な数字を記録し、シングル初動売上日本記録を塗り替え、現在も更新されていない。 ボーカルの桜井和寿がほぼすべての曲を作詞・作曲。小林武史とMr.Childrenが編曲を担当。桜井のキャッチーな作曲センスとメンバーが「イントロ大王」と称えるプロデューサー小林の編曲による、ポップかつ繊細なメロディと歌詞が特徴で日本でもそのポップセンスは唯一無比と称されている。当初はオーソドックスな歌詞のラブソングが多かったが5thシングル『innocent world』からはメッセージ性の強い歌詞が見られるようになった。 数多くのミリオンヒットをもつ。シングルは10作品(B'zの15作品に次いで2位)、アルバムは11作品(B'zの19作品に次いで2位)である。(2007年現在)。ちなみに、作品によってはグループ名を「mr.children」、「MR.CHILDREN」などにしている。なお、「歌で勝敗を決めたくない。」とのメンバーの意向により、紅白歌合戦には一切出演していない。

☆花 -Memento-Mori-☆
『花 -Memento-Mori-』(はな メメント モリ)は、Mr.Childrenの11枚目のシングル。1996年4月10日発売。発売元はトイズファクトリー。 概要 200万枚超の大ヒットを記録した前作から続くシングル。シングルではあるが、1曲のみの収録だった為500円という低価格で発売された。 発売4週目の1996年5月13日付のオリコンチャートで、本作は13.1万枚を売り上げたのにもかかわらず8位止まりであった。これは合算週を除いた8位の売上ではトップである。 副題の「Memento-Mori」とは、ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句である。 収録曲 花 -Memento-Mori- (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) 激しくテンポも速めであった前作とは対照的に、桜井が女性の観点から詩を書いたというスローテンポのバラード。副題の「Memento mori」とはラテン語で「死を想え」という意味で、桜井が友人に勧められ感動した藤原新也の著書からきている。メロディーは、徹夜で飲んで二日酔いのまま野球をした時に浮かんだという。後にaikoが自身の番組でカヴァーしたほか、ゆず、寺岡呼人らとのセッションを披露したこともある。2001年のシングル『優しい歌』のc/wに完全新録のリメイクが収録されており、初めてシングルに2度収録された曲となった。この時は実質両A面ではあったが、シングルは『優しい歌』の単独A面とされた。このリメイク版は副題「Memento-Mori」が外されており、「死を想う」必要と距離をおいた、バンドとしての前向きな意味が含まれている。
(引用)Wikipedia
Mr.Children(ミスチル)・動画

※Mr.Children(ミスチル)の動画が視聴できない場合、リンクが切れていますのでコメントにて報告お願いします
スポンサードリンク

※Mr.Children(ミスチル)の画像や動画を紹介しています



Mr.Children(ミスチル)

---Profile---
Mr.Children(ミスチル)
1988年バンド結成、1989年1月1日にMr.Childrenと改名し、1992年5月10日にミニアルバム『Everything』でメジャーデビュー。3rdアルバム『Versus』でシングル・アルバムを通じて初のトップテンを記録し、4thシングル『CROSS ROAD』は週間最高順位6位ながら、自身初のミリオンを記録。4thアルバム『Atomic Heart』でアルバムにおいても初のミリオンを記録した。その後も数多くのヒット曲を生み、「ミスチル現象」とまで評された。97年3月に6thアルバム『BOLERO』を発売後、突如「無期限の活動休止宣言」を発表する。その後98年10月に発売された15thシングル『終わりなき旅』で本格的に活動を再開させ、現在まで長きに渡り、好セールスを続けている。『innocent world』~『フェイク』まで、日本記録保持継続中のB'zに次ぐシングルの連続初登場1位記録として現在もなお継続中。その他にも、10thシングル『名もなき詩』の初動売上は120.8万枚(オリコン集計)という驚異的な数字を記録し、シングル初動売上日本記録を塗り替え、現在も更新されていない。 ボーカルの桜井和寿がほぼすべての曲を作詞・作曲。小林武史とMr.Childrenが編曲を担当。桜井のキャッチーな作曲センスとメンバーが「イントロ大王」と称えるプロデューサー小林の編曲による、ポップかつ繊細なメロディと歌詞が特徴で日本でもそのポップセンスは唯一無比と称されている。当初はオーソドックスな歌詞のラブソングが多かったが5thシングル『innocent world』からはメッセージ性の強い歌詞が見られるようになった。 数多くのミリオンヒットをもつ。シングルは10作品(B'zの15作品に次いで2位)、アルバムは11作品(B'zの19作品に次いで2位)である。(2007年現在)。ちなみに、作品によってはグループ名を「mr.children」、「MR.CHILDREN」などにしている。なお、「歌で勝敗を決めたくない。」とのメンバーの意向により、紅白歌合戦には一切出演していない。

☆シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~☆
シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~(シーソーゲームゆうかんなこいのうた)は、Mr.Childrenの9枚目のシングル。1995年8月10日発売。発売元はトイズファクトリー。 概要 前作までの歌い方とはガラッと変わったアップテンポのポップス。このシングルで発生する「CD売上金」「アーティスト印税」は、全て阪神淡路大震災の義捐金に充てられた。同年1月に発売したサザンオールスターズの桑田佳祐と桑田佳祐&Mr.Children名義で発売した『奇跡の地球』も同じように、AIDS患者のために売り上げから発生したセールスを全額寄付している。ちなみにこちらではAAAチャリティー活動の1つとして行われている。ジャケットには一風変わった簡素な猿のイラストと、殴り書きのような字でタイトルが書かれていた。 プロモーションでは桜井がサーファーになり、他メンバーは猿になるという、ユニークな格好が話題になった。フジテレビ系「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングに、この頃バンドとして初出演し、同じ格好で登場した。ちなみにPVにはメンバーがジェットコースターに乗って絶叫している場面がある。 1990年代以降でのノンタイアップシングル売上では第1位(オリコン集計)となっている。 Mr.Childrenとしては2週目の売り上げが最も高く、一番安定した売上だったシングルでもある。そのため、Mr.Childrenでは最高(合算週を含んでいない)の週間シングルチャート3週連続1位となった。 収録曲 シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~ (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) PVをはじめ、曲作り自体もエルヴィス・コステロを意識した部分がある。「ライブで盛り上がる曲」というコンセプトの基で発表され、彼らの代表曲であり、ノリのいい楽曲であるにもかかわらず、実際にライブではめったに演奏されることはない。同年に行われた「hounen mansaku 夏祭り tour [ku:](空)」以降はほとんどライブで演奏されることが無くなってしまった。演奏されなくなった理由として、「キーが高くて桜井が歌えない」「演奏にサックス奏者が必要である」「エルヴィス・コステロへの配慮」など様々な説があるが、真相は不明である。近年ではap bank fes'06でスキマスイッチとのコラボレーションとして演奏された。裏声が増えている理由としては、当時桑田とのコラボレーションがあった影響が考えられる。この曲は小林が手がける前に、桜井の手で曲構成をかなり仕上げていたらしい。直後のアルバム『深海』での彼らの当時の曲としては異色なほど明るいラブソングで、同アルバムには収録されず、後に『BOLERO』に収録された。ただし、歌詞は恋愛を皮肉った面もあり、初期の甘いラブソングとは異をなしている。 フラジャイル (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) 1995年5月3日に渋谷で行われたゲリラライブからの音源。UK音楽を思わせる攻撃的な歌詞と曲調を持ち、桜井の歌い方も非常に気持ちが入っている。Mr.Childrenの楽曲としては現在のところ唯一、スタジオ録音の存在しない楽曲。歌詞に「ドラえもん」が登場する。映画「【es】~Mr.Children in FILM~」のオープニングにも収録されているが、映画版の方は短く編集されている(ただし、イントロで失敗する場面は映画でしか確認できない)。最初の仮タイトルは”ハルマゲドンはご機嫌斜め”。 シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~(INSTRUMENTAL VERSION) (作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children)
(引用)Wikipedia
Mr.Children(ミスチル)・動画

※Mr.Children(ミスチル)の動画が視聴できない場合、リンクが切れていますのでコメントにて報告お願いします
スポンサードリンク

※Mr.Children(ミスチル)の画像や動画を紹介しています



Mr.Children(ミスチル)

---Profile---
Mr.Children(ミスチル)
1988年バンド結成、1989年1月1日にMr.Childrenと改名し、1992年5月10日にミニアルバム『Everything』でメジャーデビュー。3rdアルバム『Versus』でシングル・アルバムを通じて初のトップテンを記録し、4thシングル『CROSS ROAD』は週間最高順位6位ながら、自身初のミリオンを記録。4thアルバム『Atomic Heart』でアルバムにおいても初のミリオンを記録した。その後も数多くのヒット曲を生み、「ミスチル現象」とまで評された。97年3月に6thアルバム『BOLERO』を発売後、突如「無期限の活動休止宣言」を発表する。その後98年10月に発売された15thシングル『終わりなき旅』で本格的に活動を再開させ、現在まで長きに渡り、好セールスを続けている。『innocent world』~『フェイク』まで、日本記録保持継続中のB'zに次ぐシングルの連続初登場1位記録として現在もなお継続中。その他にも、10thシングル『名もなき詩』の初動売上は120.8万枚(オリコン集計)という驚異的な数字を記録し、シングル初動売上日本記録を塗り替え、現在も更新されていない。 ボーカルの桜井和寿がほぼすべての曲を作詞・作曲。小林武史とMr.Childrenが編曲を担当。桜井のキャッチーな作曲センスとメンバーが「イントロ大王」と称えるプロデューサー小林の編曲による、ポップかつ繊細なメロディと歌詞が特徴で日本でもそのポップセンスは唯一無比と称されている。当初はオーソドックスな歌詞のラブソングが多かったが5thシングル『innocent world』からはメッセージ性の強い歌詞が見られるようになった。 数多くのミリオンヒットをもつ。シングルは10作品(B'zの15作品に次いで2位)、アルバムは11作品(B'zの19作品に次いで2位)である。(2007年現在)。ちなみに、作品によってはグループ名を「mr.children」、「MR.CHILDREN」などにしている。なお、「歌で勝敗を決めたくない。」とのメンバーの意向により、紅白歌合戦には一切出演していない。

☆CROSS ROAD☆
CROSS ROAD(クロスロード)は、Mr.Childrenの4枚目のシングル。1993年11月10日発売。発売元はトイズファクトリー。 パッケージ前面の「CROSS ROAD」という文字が金色になっている。 発売週付のオリコンチャートで9位とまずまずの滑り出しであった。その当時、同年の大ヒットシングルである藤井フミヤの『TRUE LOVE』、広瀬香美の『ロマンスの神様』などが高い売上で上位にチャートインし続けていたが、発売9週目で最高位となる6位を記録。1994年に入った後にこれらのシングルが同チャートから漏れるようになったが、20位台をキープし続け、トップ20がこのシングルを除いて全て1994年の発売のものであることもあった。しかし、チャートトップ3に入ることは1度もないままランク外となった。 発売前、櫻井が「100万枚売れる曲ができた」と予言した通り、長い間チャートインしていたため、このシングルは最終的には125万枚を売り上げるヒットとなり、Mr.Children初のミリオンを達成する。このシングルのヒットがMr.Childrenを日本を代表するバンドへと押し上げた原点といえる。そして、Mr.Childrenが最大の転機となる次作『innocent world』へとつながっていくことになる。 CROSS ROAD (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) 日本テレビ系ドラマ「同窓会」主題歌。桜井が曲完成後に「100万枚売れる曲ができた」と発言したエピソードは有名である。Mr.Childrenの初期の雰囲気を多く残している楽曲。初のドラマ主題歌となったが、ドラマの内容が壮絶な同性愛についてのものであったことから、その楽曲とドラマのギャップ(桜井は第1話の台本のみで詞を考えたため)が語られていた。なお、96年から現在まで何故かこの曲はライブで演奏されていない(2005年のドームツアーの弾き語りは除く)。 and I close to you (作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿 & 小林武史 編曲:小林武史 & Mr.Children) 同年9月に発売されたアルバム『Versus』からのシングルカット。 CROSS ROAD(INSTRUMENTAL VERSION) (作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children)
(引用)Wikipedia
Mr.Children(ミスチル)・動画

※Mr.Children(ミスチル)の動画が視聴できない場合、リンクが切れていますのでコメントにて報告お願いします
スポンサードリンク

※Mr.Children(ミスチル)の画像や動画を紹介しています



Mr.Children(ミスチル)

---Profile---
Mr.Children(ミスチル)
1988年バンド結成、1989年1月1日にMr.Childrenと改名し、1992年5月10日にミニアルバム『Everything』でメジャーデビュー。3rdアルバム『Versus』でシングル・アルバムを通じて初のトップテンを記録し、4thシングル『CROSS ROAD』は週間最高順位6位ながら、自身初のミリオンを記録。4thアルバム『Atomic Heart』でアルバムにおいても初のミリオンを記録した。その後も数多くのヒット曲を生み、「ミスチル現象」とまで評された。97年3月に6thアルバム『BOLERO』を発売後、突如「無期限の活動休止宣言」を発表する。その後98年10月に発売された15thシングル『終わりなき旅』で本格的に活動を再開させ、現在まで長きに渡り、好セールスを続けている。『innocent world』~『フェイク』まで、日本記録保持継続中のB'zに次ぐシングルの連続初登場1位記録として現在もなお継続中。その他にも、10thシングル『名もなき詩』の初動売上は120.8万枚(オリコン集計)という驚異的な数字を記録し、シングル初動売上日本記録を塗り替え、現在も更新されていない。 ボーカルの桜井和寿がほぼすべての曲を作詞・作曲。小林武史とMr.Childrenが編曲を担当。桜井のキャッチーな作曲センスとメンバーが「イントロ大王」と称えるプロデューサー小林の編曲による、ポップかつ繊細なメロディと歌詞が特徴で日本でもそのポップセンスは唯一無比と称されている。当初はオーソドックスな歌詞のラブソングが多かったが5thシングル『innocent world』からはメッセージ性の強い歌詞が見られるようになった。 数多くのミリオンヒットをもつ。シングルは10作品(B'zの15作品に次いで2位)、アルバムは11作品(B'zの19作品に次いで2位)である。(2007年現在)。ちなみに、作品によってはグループ名を「mr.children」、「MR.CHILDREN」などにしている。なお、「歌で勝敗を決めたくない。」とのメンバーの意向により、紅白歌合戦には一切出演していない。

☆フェイク☆
フェイクは、Mr.Childrenが2007年1月24日に発売した30枚目のシングルである。
概要 前作『しるし』からわずか2ヵ月で発売されたシングルであり、40万枚限定生産として発売された。『花 -Memento-Mori-』以来、11年ぶりとなる1曲のみの収録で500円シングルであり、限定販売品としては1999年発売のアルバム『1/42』以来。 発売前から、アルバム『HOME』に収録されることが決定していた。 女性が口を大きく開け舌を出しているというジャケットで「フェイク」の「ェ」の文字だけがゴシック体である。(その他「フ イク」の文字は明朝体)。裏側は文字が反転していて女性の口が偽物(フェイク)になっている。 推定累積売上は40万枚の限定生産のうち約32万枚でストップし7万枚強もの売れ残りがあるという計算になっているが、発売前からインターネット販売予約の多くが在庫切れという状況になっており、発売後もすぐに売り切れ店が続出したため、実際の売上はもっと多かったのではないかと言われる。これについては映画館やネット上のセールスはオリコンチャートには反映されないと言う事情もある。 本作もオリコンチャートで初登場1位を獲得し、これで5thシングル『innocent world』以降26作連続となった。TOP10獲得は4thシングル『CROSS ROAD』以降27作連続。首位獲得数はB'z(38作)浜崎あゆみ(27作)に次ぐ歴代3位である。限定盤シングルの1位獲得としては、2006年1月23日に倖田來未が発売した5万枚限定シングルの『feel』で獲得して以来、1年ぶりの獲得である。 ちなみにTVでの披露は1度、3月11日のMusic Loversでのみ行われた。
(引用)Wikipedia
Mr.Children(ミスチル)・動画

※Mr.Children(ミスチル)の動画が視聴できない場合、リンクが切れていますのでコメントにて報告お願いします
スポンサードリンク