Mr.Children(ミスチル)の画像・PV動画無料視聴館

Mr.Children(ミスチル)のPV・youtube動画を紹介しています。フェイクや箒星、しるし等の新曲からCROSS ROAD、innocent worldなどの名曲までどんどん紹介していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※Mr.Children(ミスチル)の画像や動画を紹介しています



Mr.Children(ミスチル)

---Profile---
Mr.Children(ミスチル)
1988年バンド結成、1989年1月1日にMr.Childrenと改名し、1992年5月10日にミニアルバム『Everything』でメジャーデビュー。3rdアルバム『Versus』でシングル・アルバムを通じて初のトップテンを記録し、4thシングル『CROSS ROAD』は週間最高順位6位ながら、自身初のミリオンを記録。4thアルバム『Atomic Heart』でアルバムにおいても初のミリオンを記録した。その後も数多くのヒット曲を生み、「ミスチル現象」とまで評された。97年3月に6thアルバム『BOLERO』を発売後、突如「無期限の活動休止宣言」を発表する。その後98年10月に発売された15thシングル『終わりなき旅』で本格的に活動を再開させ、現在まで長きに渡り、好セールスを続けている。『innocent world』~『フェイク』まで、日本記録保持継続中のB'zに次ぐシングルの連続初登場1位記録として現在もなお継続中。その他にも、10thシングル『名もなき詩』の初動売上は120.8万枚(オリコン集計)という驚異的な数字を記録し、シングル初動売上日本記録を塗り替え、現在も更新されていない。 ボーカルの桜井和寿がほぼすべての曲を作詞・作曲。小林武史とMr.Childrenが編曲を担当。桜井のキャッチーな作曲センスとメンバーが「イントロ大王」と称えるプロデューサー小林の編曲による、ポップかつ繊細なメロディと歌詞が特徴で日本でもそのポップセンスは唯一無比と称されている。当初はオーソドックスな歌詞のラブソングが多かったが5thシングル『innocent world』からはメッセージ性の強い歌詞が見られるようになった。 数多くのミリオンヒットをもつ。シングルは10作品(B'zの15作品に次いで2位)、アルバムは11作品(B'zの19作品に次いで2位)である。(2007年現在)。ちなみに、作品によってはグループ名を「mr.children」、「MR.CHILDREN」などにしている。なお、「歌で勝敗を決めたくない。」とのメンバーの意向により、紅白歌合戦には一切出演していない。

☆未来☆
四次元 Four Dimensions(よんじげんフォーディメンションズ)は、Mr.Childrenが2005年6月29日にリリースした27枚目のシングルである。収録曲数から、ミニアルバムに分類されることもある。 概要 前作『Sign』から1年1ヶ月ぶりのシングルリリースとなった。 収録されている4曲全てがA面かつタイアップ付きという豪華な内容になっている。 日本レコード協会ではアルバムに分類している。 初動セールス56.9万枚を記録し、2005年の年間1位を記録。初動セールス50万枚以上売り上げたのは、SMAPの『世界に一つだけの花』以来だったが、累計では92.6万枚と、初動比率的にロングヒットは出来なかった。 ジャケットを手掛けるのは、アンダー・ワールドのアート・ワークなどで知られるデザイナー集団「TOMATO」である。 2005年度(04.12.06~05.11.28)オリコンシングル売上ランキングで3位をマーク。 タイトルは楽曲の名前ではなく、A面4曲を合わせたCDとしてのタイトルである。このほかの例にminkの『4 Love』、GLAYの『G4』、倖田來未の『4 hot wave』などがある。 ちなみに「未来」「and I love you」にはそれぞれ簡潔なミュージックビデオが付随しているが「ランニングハイ」と「ヨーイドン」にはPVが存在しない。 収録曲 未来 大塚製薬「ポカリスエット」CMソング。PV(伊藤由美子監督)には、この曲がタイアップの「ポカリスエット」のCMにも出演していた綾瀬はるかと平岡祐太が出演している。爽やかなアップテンポソング。キャッチーなサビと荒廃した世界観をベースにした歌詞が特徴。タイアップのサビの部分だけのイメージで全曲を聴くと、その歌詞とのギャップに戸惑う事もある。かつて「思い描いていた未来」とやるせない「現在」を比較しながら、最後には希望を持つ、という構成になっている。 and I love you 日清食品「カップヌードル “NO BORDER”」CMソング。全体的に静かでシンプルだがテーマの大きいラブソング。恋人同士だけではなく、人類愛的なニュアンスも含んでいて、終盤で一気に盛り上がる。このCDにはこの楽曲のPV(丹下紘希監督制作)が収録されている。 ランニングハイ 東映系映画「フライ,ダディ,フライ」主題歌。名の通り疾走感溢れる攻撃的なロックチューン。自虐的だがどこか自らを鼓舞する歌詞が見られる。 ヨーイドン フジテレビ子供番組「ポンキッキーズ」「ガチャガチャポン!」主題歌。子供番組のテーマだが、歌詞はどちらかというと大人の子供に対する目線で描かれている。歌詞・曲ともに素朴な構成。収録曲の中で唯一、後発のアルバム『I ? U』には未収録となっている。 ヨーイドン(instrumental)
(引用)Wikipedia
Mr.Children(ミスチル)・動画

※Mr.Children(ミスチル)の動画が視聴できない場合、リンクが切れていますのでコメントにて報告お願いします
スポンサードリンク

スポンサーサイト